餃子の種類と皮の厚さの関係

大人も子供もみんな大好きな餃子ですが、その皮のベストな厚さは種類によって異なります。まず、日本で一般的に食べられている焼き餃子の場合は、外のパリパリの食感と中の餡のジューシーさが大変重要となります。外をパリパリに仕上げるためには、皮の厚さはできるだけ薄くするのがよいです。

 

また、油で揚げる揚げ餃子の場合も同様に、外の食感が命ですので、皮を分厚くしない方がいいでしょう。ただし、あまりにも薄くしすぎると、餡を包む際に破れやすくなりますし、また、フライパンで焼く際や、裏表ひっくり返す際にも穴があいてしまうこともあります。

 

皮に穴があいてしまっては、中の餡のお汁が出てしまって、せっかくのうまみやジューシーさが失われてしまいますので、極端に薄い厚さにはしないのがよいでしょう。一方、餃子をお湯でゆでる、あるいはスープと一緒に煮る、いわゆる水餃子の場合には、焼きや揚げの場合とは逆となります。

 

こちらの場合には、パリッとした食感ではなく、もちもちした食感が重要となりますので、皮はできるだけ分厚くするのが好ましいです。また、薄すぎると、スープの中で破れてしまって中身がばらばらに散らばってしまいかねませんので、ある程度の厚みにした方がよいです。

 

 

 

餃子の皮は冷凍できる?

餃子を作る場合、皮のみが余ってしまい、冷凍したら良いのかなど保存方法に悩むことがありますね。餃子の皮は冷凍保存ができます。余った餃子の皮はラップなどにしっかりと包み、さらにフリーザー専用の袋に入れて冷凍します。

 

きちんとラップなどに包まないと乾燥し、皮の端からぽろぽろとし、包みにくくなってしまうので注意しましょう。解凍方法としては、自然解凍が適しています。冷蔵庫に入れてじっくりと解凍をしても良いですし、餃子のあんを作っている間に外に出しておいても良いでしょう。

 

しっかりと包んであるものはしっとりとしているので、通常のように作ることができます。この他、きちんと餃子を作ってから冷凍をすることもできます。ですが、解凍する途中でべたっとしてしまったり、冷凍したまま焼いた場合、中に火が通らなかったりすることがあります。

 

よりカリッとしたものにするには、皮のみで凍らせた方が失敗がありません。もし、乾燥して包みにくくなってしまった場合は、細く切って揚げたり、スープに入れたりすると無駄なく利用することができます。

 

肉料理は野菜不足になる傾向があり、健康に良くないので、野菜を摂りいれたメニューに活用すると栄養バランスも良くなります。

 

 

 

ワンタンとの違いはなに?

餃子の皮とワンタンはよく似ていますが、その違いは形や広まった地域にあるとされています。もともとは同じ具を小麦粉で作った皮で包む料理として中国で生まれましたが、そこから北に広がったのが餃子、南に広がったのがワンタンということです。

 

例えばその形を見ても、餃子の皮は丸く包まれた形も、ひだが付けられた独特の形をしています。ワンタンは四角く、包む具は少な目でひらひらとスープの中で泳ぐような軽やかさがあります。雲呑という漢字からもわかるように、雲のように漂うのが特徴です。

 

材料にも違いがあり、小麦粉と塩の餃子に対して、ワンタンはかん水を加えた黄色っぽいものがあります。ラーメンの麺にも使われるかん水で、つるっとしたのど越しの良い食感になるということです。日本では焼き餃子が好まれていますが、本場中国ではスープに入って茹でられたものが一般的です。

 

そのため、皮も厚めでスープの中でも破れにくくなっています。ワンタンの方はというと、同じくスープに入れてたべますが、具を少なめにして皮のつるっとした食感を楽しむ工夫がされています。

 

二つの違いはよく見れば一目瞭然ですが、もともと同じ食べ物であったということで共通点も多くあります。

 

 

 

お役立ちサイトの紹介

このページでは、餃子の皮を解説していきました。餃子に限らず、料理を楽しむことで、食べるということがもっと楽しくなるということがあります。

 

ちなみに、太りたいけれども太ることができないという悩みを抱えている人も少なくないです。食べるけれども太れないということもあるようです。

 

もしそんな悩みを抱えているなら、こちらのサイトを見てみてください。